アルバム

【第十一位】村下孝蔵さんと「りんごでもいっしょに」食べられたなら。歌詞の意味や世界観を解説・鑑賞!

村下孝蔵 りんごでもいっしょに アイキャッチ
おうじゃ(管理人)
(記事内にプロモーションを含む場合があります)


隠れた名曲のカテゴリーへようこそ!

今回取り上げる「りんごでもいっしょに」は、村下孝蔵さんの楽曲の中でもかなり珍しい、男性と女性の愛情が成就している作品です。

表向きどうあろうと二人の絆が決して失われることがないという様子を、女性の目線から大変うまく描いています。

Q
参考:村下孝蔵さん楽曲解説特集🎸

当サイトは非公式のファンサイトであり、ファンの皆様がご自身なりに楽しめる場を提供することを目的としています。同時に、村下孝蔵さんの全楽曲、とりわけその歌詞の意味や世界観を解説することを主たる目標に掲げています。

⇒村下孝蔵さん楽曲解説・歌詞解題についての詳しい「考え方」はこちら

ご興味のある方は、以下の記事もお楽しみいただけるはずと自負しておりますので、お時間のあるときにどうぞ遊びにいらしてくださいませ。

↓↓↓

\ 計13曲!隠れた名曲をランキング!/

【第十一位】村下孝蔵さんと「りんごでもいっしょに」食べられたなら。歌詞の意味や世界観を解説・鑑賞!
【第十一位】村下孝蔵さんと「りんごでもいっしょに」食べられたなら。歌詞の意味や世界観を解説・鑑賞!

(解説楽曲例:ロマンスカー、だめですか、いいなずけ、北斗七星、夢からさめたらなど)

⇒「踊り子」など代表曲はこちら

以下の解説は個人的な解釈にならざるを得ませんが、皆様が村下さんの楽曲を別な視点から楽しむ参考になることだけは請け合いです☆

下部に歌詞全文を用意しましたので、適宜ご利用くださいね。

Q
🎵 当記事の著者について

当サイト管理人

新おうじゃ

名前 / Name  
おうじゃ 

職業 / Occupation
生来詩人、お米賞味マイスター、歌詞解説・鑑賞家、福話術者(家庭教師も兼業)

実績 / Achievements
生まれたときから詩的な人生を送っています。村下孝蔵さんに出逢ってから、その楽曲を肌身離さず心に持ち歩いては味わってきました。
姉妹サイトではシティポップの楽曲解説や、自身の生活の中で頂いたお米の銘柄の特徴をレビューしつつ【福話術】と題したあらゆる人の心に寄り添う記事を執筆、分野を開拓しています。

(姉妹サイト「おうじゃの福眼」プロフィールページへ遷移します)

Advertisement
楽天ミュージック
『愛されるために』所収

第十一位(番外編) “りんごでもいっしょに”

雪月歌さんのチャンネルより

(遷移せずこの場で再生できます▶)

夕焼け 本当にきれい
りんごでも むいてあげる

解題

タンゴのようなピアノのリズムで楽曲は始まります。

村下さんは時々、こうしたダンスの風味ある歌を作りますね(「二人の午後」「あなた踊りませんか」など)。

歌い出し直前の部分など、いかにも男性と女性が踊るステージが見えてくるようです。

本楽曲全体が、二人で手を取り合ったり放したり、近づいたり離れたりという男女関係の比喩ととらえることもできそうです。

途中の言葉遣いでやや疑問も残るところかと思いますが、本楽曲は基本的に女性のほうから男性へ語り掛ける内容となっています。

何だか 疲れてるみたい
笑ってよ いつもみたいに

夕焼けの美しさに心を動かした女性は「りんごでもむいてあげる」と男性へ向き直ります。

男性も一緒に夕焼けを眺めていたかと思えば、夕日に照らされる男性の顔はぼんやりと疲れていました。

普段のやさしさや明るさを知っている女性は「笑ってよ いつもみたいに」と男性に言いつつ、りんごをむいたのでしょう。

夕焼けの赤さとりんごの赤さが一緒になって、りんごの甘酸っぱさも合わさって、ともに時間を過ごしてきたこの二人にしか感じることのできない夕刻の情景が展開しています。

幸せというものは
落ちてるはずないよ

りんご「でも」と一見気軽な調子で言っていた女性は、不意にこのようにつぶやきます。

ここは楽曲全体がダンス調で、男女関係のたとえになっていることと関わると思うのですが、ただ二人で一緒に過ごしているだけでは幸せは見つからない、という意味でしょうか。

あるいは、うつむいている男性を元気づけるために、足元を見ていても幸せなんてないよ、と伝えたかったのでしょうか。

雨なら 晴れるまで待とうよ
二人の肩 濡れないように
雨なら ここに座っていようよ
虹の空が 必ず来る

前者の理解は、おそらくこの部分と矛盾するのではないかと思います。

女性はそれから「雨なら 晴れるまで待とうよ」と呼びかけます。あえて外へ出ることは「二人の肩」を濡らすことになってしまうから。

「ここに座って」、必ず来る「虹の空」を待とうよ、と。

むしろ、二人で(比喩としての)ダンスばかりして泣いたり笑ったり苦しんだり対立したりするではなく、二人の関係に雨が降ったときは、静かにお互い見守っていようよ、と。

電話で 喧嘩はよそうよ
海にでも 連れていって

女性の気持ちは揺らぎません。

二人が電話で喧嘩になったときも「海にでも 連れていって」と、ともに座ってゆっくりと景色を眺められる場所へ行くことを望みます。

女性の目には、男性が可愛くも、手がかかるようにも見えていたのかもしれません。

おそらく男性のほうがいろいろと悩んだり、落ち込んだり、あくせくしたりする人だったのでしょうか。

気持と 逆ばかりしてる
聞かせてよ あなたの夢を

その路線で進めてみると、男性は人に言わない夢や希望を持っていて、その実現が困難で苦しんでいるのかもしれません。

自分自身で無理だと決めつけ「気持と 逆ばかりしてる」男性に対して、女性は「聞かせてよ あなたの夢を」と語り掛けています。

または、男性が女性に対して抱く気持ちとは違うふるまいばかりをするので、どうしたいのか教えてほしい、という意味で「あなたの夢を」聞かせてと言ったのでしょうか。

「あなたの夢を聞かせて」というフレーズは、すでに取り上げた「夢のつづき」でも使われていますね。

新しい景色なら 
探しに出かけよう

いろいろとこんがらがる男性に対して、女性は「新しい景色」をみたい「なら探しに出かけよう」とうながします。

この表現は、ただじっとしているだけでは今までと異なる関係はもたらされないという意味で、先ほどの座って虹の空を待つのとは違う発想になっているようです。

しかし、それも女性が二人の関係を危ぶんで、目先を変えようとしたなどということではなく、

二人で 写真をもっと撮ろうよ
いろんな顔 つなぎ合わせて
二人で のんびり生きていこうよ
あなたには 私が似合う

もっともっと二人で時間を過ごすためなのですね。

新しい景色の見える場所を二人で訪れ、そこで二人の写真をもっと撮って、それらをたくさん並べて「いろんな」二人の「顔 つなぎ合わせて」みようよ。

写真をアルバムに綴じて、ときに二人で開いてみたりしながら「のんびり生きていこうよ」。

アルバムの中にいっぱい並んで、こちらを向いて笑ったり、まじめな顔をしたり、不機嫌だったりする二人の顔を見ていると、やっぱり「あなたには 私が似合う」んだね。

このように女性が男性に語るときの情景を想像してみてください。

たぶん、このフレーズが本楽曲の肝なのだと思います。

これまで見てきた楽曲では、男性と女性の関係は崩れる可能性があるものだという前提がありましたけれど、今回は違います。

この関係にどんなことが起きても、男性に対する愛情は揺るがないことを女性自身がはっきりと分かっているような……。

女性の心はもう確定しているので、実に実に広やかです。

それがゆえに、女性は二人の関わりに雨が降ればそのまま待とうと呼びかけますし、男性と一緒にこそ、新しい景色を探しに出かけようとするのです。

だから、これからどんなことが起きたとしても、

りんご「でも」 いっしょに食べようよ

ー括弧による装飾:管理人

聴きどころ

ムーディとまではいかないかもしれませんが、村下兄貴の楽曲の中ではおしゃれ度が高いです。

楽曲のイメージづくりのため、アコーディオン(日本語で「手風琴」というのですね!)も用いられていて、いかにもな雰囲気を醸しています……、

けれど、やっぱり村下さんの歌唱によって村下ワールドになるのですね笑

間奏のギターだけ聞くと、全然内容の違う歌にも思えます。

管理人の感想

思い出しました。

管理人がかつてギターを触っていたころ、この楽曲もまずまず弾けるようになっていたのでした。

アコースティックギターにすごく似合う曲だった記憶があります。

公式ではすでに述べたようなダンス調のアレンジがされていますけど、ギターでとてもきれいな和音が鳴る曲でした。

ギターの得意な方は、ぜひチャレンジしてみてください!

(付記)隠れた曲ランク

シングル「つれてって」のカップリング曲になっていますので、村下さんの楽曲の中では比較的聞かれる可能性があったものだと思います。

また、本楽曲は裕木奈江さんという女優さんに提供した楽曲のセルフカバーです。

ほかの楽曲とは違うルートで、たとえば裕木奈江さんのファンなど普段は村下さんに触れないような人々にも届いたことでしょう。

隠れた曲ランク=3

まとめ

今回は村下孝蔵さんの絶対的愛情曲「りんごでもいっしょに」を解説してまいりました。ぜひ皆様もご自分なりの解釈で楽しんでみてくださいね☆

他の楽曲解説もご覧になりたい方は、歌詞全文下部↓のリンクへどうぞ。(直近の隠れた名曲カテゴリー解説楽曲は「90ページの日記帳」でした)

りんごでもいっしょに【歌詞全文】

夕焼け 本当にきれい
りんごでも むいてあげる
何だか 疲れてるみたい
笑ってよ いつもみたいに

幸せというものは
落ちてるはずないよ

雨なら 晴れるまで待とうよ
二人の肩 濡れないように
雨なら ここに座っていようよ
虹の空が 必ず来る


電話で 喧嘩はよそうよ
海にでも 連れていって
気持と 逆ばかりしてる
聞かせてよ あなたの夢を

新しい景色なら 
探しに出かけよう

二人で 写真をもっと撮ろうよ
いろんな顔 つなぎ合わせて
二人で のんびり生きていこうよ
あなたには 私が似合う


幸せというものは
落ちてるはずないよ

雨なら 晴れるまで待とうよ
二人の肩 濡れないように
雨なら ここに座っていようよ
虹の空が 必ず来る

りんごでも いっしょに食べようよ

(作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷公生ー1994年7月1日)

この歌詞全文の引用は「りんごでもいっしょに」の魅力を解説するため、および閲覧者の方々の便宜のための必要によってなされたものです。

関連記事ーその他楽曲解説など

ここまでお読みくださってありがとうございました!

村下孝蔵さんには他にも素敵な楽曲がたくさんあります。

当サイトでこれまで取り上げた楽曲を改めて掲げておきますので、お時間のあるときにぜひ遊びにいらしてくださいね

Advertisement

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

ABOUT ME
おうじゃ
おうじゃ
生来詩人
生まれたときから詩的な人生を送っています。村下孝蔵さんに出逢ってから、その楽曲を肌身離さず心に持ち歩いては味わってきました。

姉妹サイトではシティポップの楽曲解説や、自身の生活の中で頂いたお米の銘柄の特徴をレビューしつつ、【福話術】と題したあらゆる人の心に寄り添う記事を執筆、分野を開拓しています。
記事URLをコピーしました